MODO 11

ご購入はこちら

ゲームやバーチャルリアリティでニーズが高まるリアルタイムコンテンツ制作、数え切れないほどのデザインコンセプト、細かな作り込みまで求められるプロダクトデザインなど、どのような3Dコンテンツであっても、そしてそれがどのような目的で作られるにせよ、全てのクリエイティブタスクはMODOから始まります。

MODO 11 シリーズでは3回のフィーチャーセットリリースを予定しており、ニーズに応じてアップグレードを検討できるようになりました。MODO 11 シリーズへは、10はもちろんのこと、旧バージョンからもアップグレード可能であり、MODO 11 シリーズにアップグレードすれば順にリリースされるフィーチャーセット全てを入手することができます。もちろん、新規ライセンス導入の場合も同様です。必要なツールを入手し、最高のデザイン、エンターテイメントコンテンツ制作に、ぜひお役立て下さい。日々変化するプロダクションワークフローの備えにもなることでしょう。

MODO上で、VRに実際表示されることになる状態をプレビューすることが可能になり、MODOで作成したモデルをVR上で確認する手間が省け、大幅な作業効率の向上につながります。

MODOで作成したコンテンツをリアルタイムゲームエンジンで読み込むワークフローが強化・改善され、MODO 10.0で初めて登場したゲーム出力ツールがMODO 11.0でより使いやすく、扱いやすくリデザインされます。

インスタンスアイテム、レプリカサーフェイス、レプリカバウンディングボックスといった非常に負荷のかかる描画の高速化され、アニメーションの各フレームごとにキャッシュを行いより速い再生が可能になります。

すべての3DビューポートにビューポートHUD(ヘッドアップディスプレイ)の実装され、最近使ったツールやカスタムで頻繁に使うツールに作業中でもすぐさまアクセス可能となりました。

Modo 11.0では、多くの重要な分野にわたり高速化されたパフォーマンスを提供します。OpenSubdiv 3によるデフォーメーションの高速化、アニメーションキャッシュによる表示速度の向上、ローカル評価によるMeshFusionにおけるインタラクティブ性の改良、インスタンス描画の高速化も図られています。またゲーム出力や、トランスフォームしつつのインタラクティブなエレメント複製、アイテムリストにおける新規選択メソッドなど、大規模なワークフロー拡張により、アーティストの生産性が増しています。

クラス最高のモデリングソリューションとしての位置をさらに高めるため、Modo 11.0では新たにFusionアイテムのカット/コピー/ペーストのサポートといった新しい機能をいくつも提供しています。自動リトポロジ機能にはアダプティブモードや曲率によるリトポロジの拡張、プロシージャルモデリングワークフローにおける多数の改良、ペイントとスカルプトツールのブラシプレビュー、また頻繁に使うツールへの高速なアクセスを可能とするカスタマイズ可能なツールHUDが新たに実装されました。

最新式のインストールとログインベースのライセンス形式、プロシージャルモデリング用のリグ、新しいレンダー設定プリセット、スペシャリストとしての経験がなくとも高画質、およびノイズフリーのレンダー設定が簡単に行えるデフォルト設定、既知の問題点の修正など、Modo 11.0ではより革新的なエクスペリエンスを提供します。他にも最近使用したプロジェクトやトレーニングビデオにアクセスしやすくなるインターフェイスの改良が施されており、デバッグ処理のためセーフモードでのModo起動も可能になっています。


動作保証OS

※日本国内においては、Linux版はサポートいたしておりません。Linux版をご利用いただく方は、The Foundryレジストリサイトより英語版をダウンロードの上、ご利用ください:
The Foundryレジストリサイト

最小環境

  • メモリー:4GB以上
  • ハードディスク空き容量:10GB以上(全てのコンテンツのインストールに必要)
  • CPU:インテルプロセッサ Core i3以上
  • マウスまたはポインティングデバイス(タブレットの筆圧および3D CONNEXION3Dマウスに対応)
  • モニター解像度:1280 x 800 以上
  • インターネット接続(製品登録およびライセンス取得、オンラインコンテンツへのアクセスに必須)
  • アドバンスビューポートモードではOpenGL 3.2以上をサポートしているグラフィックメモリ512MB以上搭載のNVIDIA/AMDグラフィックカードが必須

推奨環境

  • メモリー:16GB以上
  • ハードディスク空き容量:250GB以上(SSD推奨)
  • CPU:クアッドコア プロセッサ 2.5Ghz以上
  • マウスまたはポインティングデバイス(タブレットの筆圧および3D CONNEXION3Dマウスに対応)
  • モニター解像度:1920 x 1080 以上
  • インターネット接続(製品登録およびライセンス取得、オンラインコンテンツへのアクセスに必須)
  • アドバンスビューポートモードではOpenGL 4.4以上をサポートしているグラフィックメモリ2GB以上搭載のNVIDIA/AMDグラフィックカードが必須