V-Ray 3.6 for Maya

CGアーチストとデザイナーの独創的な要求と現代プロダクションパイプラインのために、Maya向きのV-Ray 3.0が物理に基づく照明、描影法、レンダリングのツールキットです。このV-Ray 3.0はオートデスクに密接にインテグレーションができます。

照明、進展、レンダリングワークフローをスピードアップのために、Maya向きのV-Ray 3はアーチストの製作に力を入れるし、新しい特徴と改良の強いなセットを提供します。

現在、イーフロンティアでは、アカデミック版(学生用、教師用)とボリュームライセンスを取り扱っております。通常盤の取り扱いはございません。

より速くレイトレーシングとレンダリングパフォーマンス

V-Ray 3はレイトレーシングコアに大量の改善をしました。改善したレイトレーシングコアは速くなりました。

ファスターフィードバック

新しく強いプログレッシブイメージサンプラー使って、V-Ray 3はアーチストにフィードバックを即時伝えるし、照明とlook developmentを迅速直観になりました。そしてまた、より速くイテレーションために、V-Ray 3.0はシーン幾何学とレンダなかのテクスチャーをキャッシュできます。

プロダクションをフォーカスツール

アーチストにコントロール可能性とフレキシィビリティーを増加するために、V-Ray 3をデザインしました。Max Ray Intensity とProbabilistic Light SamplingRender Maskとか新しい時間節約のツールを提供します。Max Ray Intensityはセカンダリーレイをクランプできます。Probabilistic Light Samplingは照明コントリビューションを基にした、サンプリングを最適化できます。Render Maskは対象の選択またはイメージマスクで正確なレンダリングリージョンを明確に指定できます。

高等のキャラクターとクリーチャー

最適化した髪と毛皮サブサーフェーススキャッタリングと新しいVrayShinMtlシェイダーを含めるキャラクターとクリーチャーワークフローを改善しました。そして、MARI <UDIM> and Autodesk Mudbox <UVTILE>のサポートを加えました。

カラー精密なワークフロー

改善したV-Rayフレームバッファーレンズ効果ホワイトバランスとか、コントラストとか、色調とか、色の彩度とか、カラー バランスとか高等のカラーコレクションを提供します。VFBはいまドッカブル、そしで、LUTs, ICC, とOpenColorIOカラーマネージメントプロフィールをサポートします。

ボリュームレンダリング

流体、火、煙、陽炎と種々の容積効果をレンダリングのために、V-Ray 3.0は最適化したフェニックスFDボリュームシェイダーを提供します。OpenVDBグリッドとField3Dボクセルデータを改善できます。そしで、新しいVRayVolumeGridノード使ってサーフィスとボリュームでレンダリングします。

準備したパイプラインフォーマット

V-Ray 3.0はOpenSubdiv,Alembic 1.5、ディープイメージ、OpenEXR 2.2とOSLを使っているプログラム化シェイダーをincluding種々のオープン標準とファイルフォーマットをサポートします。


V-Ray 3.0 for Mayaの体験版はこちらから